WordPress

【エックスサーバー】WordPressをSSL化【Google推奨】

【エックスサーバー】WordPressをSSL化【Google推奨】
パンくん
パンくん
エックスサーバーでWordPressをSSL化?全然意味がわからない。

画像付きで初心者にもわかりやすく教えて欲しい。

こんな悩みにお答えします。

【本記事の内容】

・SSL化の必要性

・エックスサーバーでWordPressをSSL化する全手順

結論、本記事の手順を実行すれば誰でもSSL化できます。

SSL化はセキュリティ対策として効果があり、Googleも推奨していますので、ブログを始めるなら必須項目です。

本記事では、エックスサーバーでWordPressをSSL化する方法を多めの画像を使って解説します。

 

SSL化の必要性

SSL化が必要な理由
パンくん
パンくん
httpをhttpsにするのがSSL化っていうけど、そもそも何が違うの?変える必要性ってあるの?

専門用語ばかりでよくわからないですよね。

アカキンもわからなかったので気持ちは良くわかります。

要点を絞って解説します。

 

httpとhttpsの違い

httpとhttpsでは語尾の「s」しか違いはありませんが、この違いが重要です。

httpはウェブの通信するシステムですが、情報を保護する仕組みになっていません。

ですので個人情報やクレジットカード情報などを送信してしまうと、情報が漏洩してしまう可能性があり大変危険です。

そこで安全に取引するために使用されるのがhttpsです。

httpsを使用すると情報が暗号化され、安全にやりとりができます。

イメージはこんな感じ。

httpとhttpsの違い

httpsの「s」はSecure(セキュア)という意味で、「しっかり鍵をかけて安全に守る」という意味があるのです。

 

SSL化(https)にすべき理由

httpとhttpsの違いは「暗号化されて情報処理されるか」という違いです。

ユーザーのことを考えると、httpsしたほうがより安全なサイトと認知され安心して利用していただけます。

Googleもhttpsを推奨しており、httpsにしていないサイトにはセキュリティの観点から警告が送られてきます。

早急な対策が必要ですね。

 

サイトの信頼性向上

SSL化(https)にすると情報が暗号化されるので、サイトとしての信頼性も向上します。

2014年の段階でGoogleは、SSLl化(https)していることを評価の1つに含むことを発表しています。

ユーザーファーストのGoogleからすれば当然の措置ですね。

ブログを始めてすぐに対応すべき作業と言えます。

 

エックスサーバーでWordPressをSSL化する全手順

SSL手順

エックスサーバーでWordPressをSSL化(https)するための手順は以下の3ステップ。

【SSL化の全手順】

  1. エックスサーバーをSSL化
  2. WordPressをSSL化
  3. 常時SSL化

詳しく画像を使って解説します。

 

エックスサーバーでSSL化

SSL手順①

【エックスサーバーをSSL化する手順】

  1. 「SSL設定」をクリック
  2. ドメインを選択する
  3. 「独自SSL設定追加」をクリックして内容を確認し、「確認画面へ進む」をクリック

まず「エックスサーバー」のサーバーパネルにアクセスしてログインします。

 

「SSL設定」をクリック

SSL設定修正①

ドメインを選択する

エックスサーバー設定⑥

「独自SSL設定追加」をクリックして内容を確認し、「確認画面へ進む」をクリック

エックスサーバー設定⑦

以上で、エックスサーバーの設定は完了です。

 

WordPressをSSL化

SSL手順②

【WordPressをSSL化する手順】

  1. 「設定」⇒「一般」⇒サイトURLを変更する
  2. 設定保存ボタンをクリック

続いて、WordPressをSSL化します。

まずは「WordPress」にログインしましょう。

 

「設定」⇒「一般」⇒サイトURLを変更する

ワードプレスSSL化設定①

【変更箇所】

WordPressアドレス(URL):http ⇒ https

サイトアドレス(URL):http ⇒ https

ポイントは『s』をつける事です。

設定保存ボタンをクリック

ワードプレスSSL化設定②

以上で、WordPress側の設定は完了しました。

 

常時SSL化

SSL手順③

ここまで「SSL化」は完了しましたが、現状では「http」と「https」の両方からアクセス出来てしまう状態です。

そこで「http」からのアクセスを「https」に自動転送させる設定をします。

この設定を常にhttpsに自動転送されるので「常時SSL」と言います。

常時SSLの手順は以下の5ステップ。

【常時SSL化する手順】

  1. .htaccess編集をクリック
  2. ドメインを選択する
  3. .htaccess編集をクリック
  4. コード貼付けして「確認画面へ進む」をクリック
  5. 「実行する」をクリック

では、「エックスサーバー」にログインします。

 

.htaccess編集をクリック

htaccess設定①

ドメインを選択する

htaccess設定②

.htaccess編集をクリック

htaccess設定③

赤枠で囲った行の上に下記のコードをコピー&ペーストしましょう。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

文字が間違っていたり消してしまったりするとSSL化出来ないので、貼り付けする前に必ず元のデータ(コード)を別で保管しておきましょう。ダメだったときの保険の為です。

コード貼付けして「確認画面へ進む」をクリック

htaccess設定④

「実行する」をクリック

htaccess設定⑤

設定が反映されているか確認するために、「http://取得したドメイン」で検索をしましょう。SSL化に成功しているときの確認方法は2つです。

【反映されているかのチェックポイント】

  • 「https://」になるか?
  • URLの前に「🔏マーク」がついているか?

上記2点で、SSL化は完了です。

アカキン
アカキン
これでSSL化は終了!お疲れ様でした。

 

【エックスサーバー】WordPressをSSL化【Google推奨】:まとめ

まとめ

ブログのSSL化はセキュリティ面で重要であり、Googleが推奨する仕組みの1つです。

Googleの評価の1つとして含まれる以上、ブログ運営の必須項目と言えるでしょう。

言葉だけ聞けば難しく感じるかもしれませんが、作業自体はとても簡単です。

ブログ始めたときにすぐ対応することをおすすめします。

アフェリエイトASPのおすすめ
アフィリエイトASPのおすすめ5選【2020年完全版】アフィリエイトで稼ぐにはどのASPに登録すればいいのか知りたいですか?本記事では、数あるアフィリエイトASPの中から厳選した5社を紹介しています。各ASPの得意ジャンルなど特徴も合わせて紹介していますので、これからASPに登録しようとしている方やまだ登録していないASPがある方は必見です!...
ブログランキング参加中 1日1クリック‼︎