貸し会議室投資

貸し会議室は稼げるのか?10室の検証結果を大公開!!

貸し会議室は稼げるか?アイキャッチ画像
アカキン
アカキン
こんにちは、アカキンだよ。前回は【貸し会議室投資のメリット・デメリット】について解説したけど、実際に聞いてみてどうだった?
パンくん
パンくん
 面白いって思いました。ただ、実際にやろうと思うと、ホントに利益が出るのか不安で一歩踏み出せないというか…
アカキン
アカキン
そうだよね。まとまった資金を投資するわけだから、不安になるのも当然だよ。
パンくん
パンくん
 そうなんです。僕が貸し会議室をスタートして、利益を出せているイメージがまだ湧かないからかも知れません。
アカキン
アカキン
そうだよね。もっとイメージできるように、アカキンが実際に運営している貸し会議室の運用状況をマルッと公開しよう!それならイメージがつくかもしれないからね。
パンくん
パンくん
いいんですか?
アカキン
アカキン
いいんだよ。投資に関心を持ってもらいたいし、自分と同じ投資仲間を増やしたいんだ。

 

この記事を読んでいただきたい方

  • 貸し会議室投資に一歩踏み出したいけど踏み出せない方
  • 貸し会議室がホントに稼げるのか知りたい方
  • 貸し会議室の利回りが知りたい方

 

【貸し会議室】を投資として考えたときに、

「ホントに稼げるのか?」

「実際にどれくらいの利益を得られるのか?」

疑問に持たれることでしょう。

実際にどれくらいの利益がでているのかネットで検索しても数件しか出てきません。

出てきた情報も数室のデータしかないので、

「たまたま稼げているだけじゃないの?」

そう思われるのも当然だと思います。

この記事では貸し会議室10室の初期投資額・年間利益・利回りを公開しています。

最後まで読んでいただければ、貸し会議室が投資案件として魅力を感じていただけることでしょう。

 

アカキン
アカキン
貸し会議室を全国10室運営しているアカキンが、2018年度の年間利益・利回りをズバッと公開するぞ!利回りをみて驚かないでくれよな。

 

貸し会議室は稼げるのか?2018年運用実績

 

アカキンが運営している10室の運用実績を公開します。

 

開する内容

  • 場所:運営している地域
  • 初期投資額:初めに支払ったトータル費用
  • 年間利益:年間の売上金額から経費を引いた金額
  • 利回り:初期投資額を回収できた割合

 

【貸し会議室投資】に興味がある方の参考になればうれしいです。

 

No.場所初期投資額年間利益利回り
1東京①120万円84万円70%
2東京②200万円120万円60%
3東京③120万円42万円35%
4京都80万円42万円52.5%
5愛知60万円60万円100%
6大阪①70万円108万円150%
7大阪②70万円72万円103%
8福岡①90万円48万円53.3%
9福岡②60万円84万円140%
10福岡③100万円未定未定

 

 

差はあるものの全物件で利益が出ています。

詳細を見ていきましょう。

期投資額

アカキンの場合は、50万円〜200万円です。

初期費用の差は、物件の場所や物件の契約内容により大きく差が出ます。

物件の場所は賃貸物件になりますので、東京は家賃が高いので初期費用も高い傾向にあります。

地方物件は、特にまだまだブルーオーシャンで狙い目です。

物件の契約内容は、敷金礼金の有無によっても変わってきますので一概にはいえませんが…。

アカキン
アカキン
50万というのはお宝物件の場合と自ら施工・管理した場合のみだ。昨今は競争も激化している。予算としては150万は準備していただきたいと思う。

 

間利益

1室あたり、42万円〜120万円です。

年間売上から必要経費を引いた金額で、手元に残る利益になります。

年間平均73万円となり、月換算すると6.1万円となります。

ほったらかしで入ってくる収入にしては十分すぎる収入ではないでしょうか?

これぞ、【まったり投資生活】の真骨頂です。

 

回り

35%〜150%です。

初期投資金額を1年間で回収できた割合を表しており、多ければ多いほど高利回り物件となります。

投資全般で平均利回り5%といわれる中で、平均87.9%と高いことから魅力的な投資先であることからわかります。

最も利回りの良い大阪の物件はなんと150%!!

ものすごいパフォーマンスです。

 

月別の利益の推移はどうか?

アカキン
アカキン
次に手元に残る利益の推移をみてみよう。どのように利益が出るのかわかるはずだよ。

 

アカキンが運営する貸し会議室のトップ1・ワースト1の売上推移を見てみましょう。

まずはトップ1です!

2018年2月オープンで初月から売り上げをあげており、開始6ヶ月で初期投資額70万円を回収できました。

月額利益も安定しているのがわかります。

 

続いて、ワースト1です。

ワースト1の物件は4ヶ月目から利益が発生するなど平均より遅れていますが、以降は順調に安定した利益を生んでいることがわかります。

このように物件によって利益の違いこそありますが、遅くても4か月後には売り上げを上げ、その後は安定した利益がでています。

 

まとめ

貸し会議室は稼げるのか?という疑問に応えるべく、貸し会議室10室の売上情報を公開しました。

参考になりましたか?

少しでも【貸し会議室投資】のイメージができればと思います。

アカキン
アカキン
貸し会議室投資は【誰でもできる不労所得の作り方】の1つとしておススメしたい。もし興味がある方がいたら全力でサポートするぞ!下の問い合わせボタンをクリックしてくれ。ただし、予算は150万以上は準備していただきたい。立地の取り合いになってきているので、なかなか良い物件をご提示できないからだ。「それでもやりたい!」という方は全力でサポートさせていただく!!

 

貸し会議室アイキャッチ
【貸し会議室投資】とは?時間が無くても誰でも出来るおすすめ投資貸し会議室投資に関する網羅的な情報を知りたいですか?本記事では、貸し会議室の概要から、メリットやデメリット、実際に運営するオーナーの体験談をご紹介しています。貸し会議室投資を始めたい方は必見です。...

 

ブログランキング参加中 1日1クリック‼︎